総量規制にひっかかった時のカードローンの対処法

消費者金融のような貸金業者では総量規制という法律があります。この法律は年収の3分の1までに融資額を制限するというものです。この法律にひっかかり、審査に通らないという人もいるのではないでしょうか。
この法律で注意してほしいのが、1社からの借り入れではなく、貸金業者からの借入総額で判断するということです。年収が300万円なら、3分の1である100万円まで貸金業者から借り入れができることになります。しかし、1社からの借り入れが30万円程度でも、他社で70万円借りているのなら、総量規制にひっかかりこれ以上の借り入れはできないことになります。
この場合の対処法として最適なのが他社からの借入額を減らす必要があります。今の貸金業者からの借金を減らせば、それだけ融資枠ができ、融資がうけられる可能性があります。また、この総量規制には例外や除外といったものがあります。例外の中には借り換えのような一方的に利用者にとって有利になる借入れの場合には、年収の3分の1以上お金を借りることもできます。その他にも、夫婦の年収を合算して年収の3分の1まで借りられる配偶者貸付もあります。このようにいくつかの対象法はあります。
また、総量規制対象外である銀行を利用するという方法もあります。銀行なら年収の3分の1までという制限はないため、銀行カードローンを利用することで融資がうけられる可能性があります。
しかし、この総量規制は消費者の借り過ぎを防ぐために作られた法律です。カード一つ持っていれば簡単に借り入れをすることができますが、この借り過ぎを防ぐのは自分自身です。キャッシングやカードローンを利用する場合には、計画的な利用が大切です。