アクリーティブのファクタリングを扱っている分野について

企業が事業を行うにあたって資金繰りは重要な要素の1つになります。企業は、取引等によって生じる支払いに対して、フリーキャッシュフローなどの潤沢な資金が無い場合には借入を行うことで対処をすることになり、例えば、商品を売っても決済日がずれるような場合が該当することになります。ファクタリングは、これまどの資金調達とは異なり、企業が保有している売掛債権当を、支払いが行われる前にファクタリング会社が買取を行い、企業に資金を提供する仕組みとなっています。
ファクタリング会社の1つにアクリーティブがあります。取り扱っている分野は、大きく、小売業や機械メーカー、サービス業等の売掛債権と、診療・介護報酬債権の2つがあり、ここでは、FPS(フレックスペイメントサービス)という名称で業務が行われています。まず、売掛債権においては、企業から債権を買取ることで、代金を、支払い企業に代わって早期にアクリーティブが支払う内容となり、商品を納入した企業には、登録料が無料であることや、審査・保障が生じないこと、買戻しの請求がないなどのメリットがあります。
診療・介護報酬債権に関しては、医療機関、調剤薬局、介護事業者が有する、診療、調剤、介護報酬当の債権をアクリーティブが買取ることで行われ、早期に資金化をすることが可能となります。ここでは、最大、保険請求額の約3ヵ月分の資金を調達できるようになっており、最短2週間で資金化ができることや、赤字決算や債務超過でも取組が可能となるなど、利便性の高いサービス内容となっています。
ファクタリングとは?はこちら