おまとめローンで追加融資はできる?限度額との関係は?

おまとめローンで追加融資できるかは、どのようなローンを使ってまとめたかで異なります。まず、おまとめローンは専用のローンを利用する場合と一般的なカードローンやキャッシングを利用する場合があります。借り入れ総額が少ないのであれば後者の方法で問題なくまとめることができます。この場合は借りたお金の自由な使い道の中でおまとめ目的で利用しているだけなので、限度額に空きができれば自由に追加融資を受けられます。ただし、申し込みの際に他社から借り入れがある状態でその総額と同じ限度額を希望するとおまとめローン銀行審査に通りにくくなるので、おまとめローンとして使いたいと説明し、借り入れ総額が変わらないことを説明した方が良いです。
専用のローンを利用した場合には、そのローンがどのようなタイプであるのか確認する必要があります。消費者金融の場合は返済専用となるので追加融資を受けることはできません。銀行のおまとめローンであれば追加融資を受けられるものがあり、限度額に空きができれば借り入れができます。
なお、消費者金融でも総量規制の例外が適用されるので、総額が年収の3分の1を超えていても専用のローンを利用できます。この場合、返済中に他社から借り入れすることは禁止されていますが、そもそも総量規制によって法的に借りることができません。おまとめローンに借り換える際に適用される例外ですが、借り入れ総額の計算対象から外れるわけではありません。そのため、残高が年収の3分の1を下回るまでは他社に申し込んでも断られます。